日本語

English

東京学芸大学国際算数数学授業研究プロジェクトによる、
実践者と研究者を結ぶ国際的な情報交換サイトです。

速さ 1

タイトル 速さ 1
学習指導案
(PDF)
通しビデオ
(授業)
動画
1
著者 高橋 丈夫
授業日 2013年09月02日
学校名 東京学芸大学附属小金井小学校
指導者 高橋 丈夫
対象学年 小学校6年生(12 years old)
教科 算数
概要 教師は「しんや」と「しげき」のどちらが速いかを問う。児童は個人で問題に取り組み、教師はその解決方法を取り上げ検討する。児童は時間や距離を最小公倍数に揃える方法、距離を40mに揃える方法を示す。距離を40mに揃える方法を検討していく中で距離を1mに揃える方法、時間を1秒に揃える方法が発表される。まとめに教師は授業を振り返り秒速を定義する。

    距離(m)時間(秒)
しんや 40   8
とおる 40   9
しげき 50   9
レーティング

レーティングボタンを表示するにはFacebookのアカウントが必要です。
またFacebook用アプリの「レーティング参加【IMPULS】」を許可する必要があります。

Facebookアカウントを取得する | アプリを許可する

0% (0人中、0人の方が「いいね!」と投票しています。)
導入・問題提示 教師は「しんや」と「とおる」、「とおる」と「しげき」のどちらが速いかを問い、一方が揃っていれば速さを比べることができることを共有する。その後、教師は「しんや」と「しげき」のどちらが速いかを問う。(5:41) 動画
個人で問題に取り組む 児童は個人で問題に取り組み、教師は机間巡視をする。 (0:34) 動画
解決方法の検討/距離を最小公倍数に揃える 児童は距離を200mに揃えて、同じように時間もしんやは5倍、しげきは4倍にして、しげきのほうが速いことを示す。その後、他の児童が200mは最小公倍数であることをつけたしする。また、他の児童がどちらが速いか質問をし、教師が確認をする。(4:39) 動画
解決方法の検討/時間を最小公倍数に揃える 児童は、距離を揃える方法と対比して時間を揃える方法を示す。時間を8と9の最小公倍数72にそろえて、同じように距離もしんやは9倍、しげきは8倍にし、同じ時間で360mと400mだったら400mのほうが速いことを示す。(4:09) 動画
解決方法の検討/距離を40mに揃える 児童は数直線を使って「しげき」の1mあたりの秒数を求めて、「しんや」の40mに揃えて速さを比べる方法を示す。(2:51) 動画
解決方法の検討/距離を1mに揃える 児童は「距離を40mに揃える」方法に対して、わざわざ40mに揃える必要があるか質問をする。それに対して、他の児童が距離を1mに揃える方法を示す。(3:24) 動画
解決方法の検討/時間を1秒に揃える 児童は数直線を使って1秒あたりに揃える方法を示し、教師は時間が揃っていれば距離が長いほうが速いことを確認する。(3:17) 動画
まとめ 教師は授業の全体を振り返る。最後に、教師は数が大きい方が速いほうが分かりやすいことを言い、1秒あたりにどれぐらい走れるかを秒速と定義する。(2:03) 動画

東京学芸大学 国際算数数学授業研究プロジェクト

Email:info@impuls-tgu.org

〒184-8501
東京都小金井市貫井北町4-1-1