日本語

English

東京学芸大学国際算数数学授業研究プロジェクトによる、
実践者と研究者を結ぶ国際的な情報交換サイトです。

ホーム > 授業研究ライブラリー > 統計 (statistics) > 標本調査:無作為抽出のよさと必要性を生み出す授業

標本調査:無作為抽出のよさと必要性を生み出す授業

タイトル 標本調査:無作為抽出のよさと必要性を生み出す授業
学習指導案
(PDF)
1
著者 新井健使
授業日 2016年06月23日
学校名 東京学芸大学附属国際中等教育学校
指導者 新井健使
対象学年 中学校3年生(15 years old)
教科 数学
レーティング

レーティングボタンを表示するにはFacebookのアカウントが必要です。
またFacebook用アプリの「レーティング参加【IMPULS】」を許可する必要があります。

Facebookアカウントを取得する | アプリを許可する

0% (0人中、0人の方が「いいね!」と投票しています。)

東京学芸大学 国際算数数学授業研究プロジェクト

Email:info@impuls-tgu.org

〒184-8501
東京都小金井市貫井北町4-1-1